STAR CHANNEL × HBO

COLUMN

マハーシャラ・アリTV初主演、話題のHBO®ドラマ『TRUE DETECTIVE/迷宮捜査』
人生を縛った未解決失踪事件、待ち受ける驚愕の結末とは…

TV界を牽引する米最強の放送局HBO®が誇るクライムミステリー『TRUE DETECTIVE®』。最新作であるシーズン3『TRUE DETECTIVE/迷宮捜査』が早くも話題を呼んでいる。

『ダラス・バイヤーズクラブ』でアカデミー賞主演男優賞を受賞したマシュー・マコノヒーと個性派俳優ウディ・ハレルソンがW主演を務め、007最新作『BOND25(仮)』のキャリー・ジョージ・フクナガが全話監督を担当したシーズン1『二人の刑事』では、エピソード毎の平均視聴者数が1100万人を記録。世界中を熱狂させた『ゲーム・オブ・スローンズ』の当時の同記録が930万人だったことからも、いかに『TRUE DETECTIVE®』が凄いかお分かり頂けるだろう。

『ゲーム・オブ・スローンズ』を超える記録を打ち立てた海外ドラマ『TRUE DETECTIVE®』は、シーズン毎にストーリーとキャストを一新するアンソロジー形式で展開。各シーズン全8話から成り、長編映画を観ているようなクオリティで人気を集めている。

マシュー・マコノヒー、ウディ・ハレルソン、レイチェル・マクアダムズ、コリン・ファレルといった豪華キャストに続き、シーズン3『迷宮捜査』でシリーズの顔を飾るのは注目度上昇中の実力派俳優マハーシャラ・アリだ。2017年、2019年のアカデミー賞で作品賞に輝いた『ムーンライト』と『グリーンブック』に出演し、アカデミー助演男優賞を受賞したアリ。名実ともに一流俳優になったアリは、本作で初めてTVシリーズの主演を務める。

アリが演じるのはアーカンソー州警察のウェイン・ヘイズ刑事。ベトナム戦争でLRRPこと、長距離偵察部隊に所属していた元エリート軍人のヘイズは、相棒ローランド・ウェストと共に1980年に起きた幼い兄妹失踪事件を担当することになる。元偵察兵として培った鋭い観察力をもつヘイズは、捜索活動中に森で藁人形を発見。気味の悪い人形を辿ると、洞窟の中から胸の上で手を組んだ兄ウィルの遺体が発見された。それから10年、死亡したと思われていた妹ジュリーの指紋が別の事件で採取されたことで急展開。ヘイズとウェストは、再び事件に関わることになる。そしてそれから15年後、退職刑事となったヘイズは、事件に関するインタビューを受けるのだった…。

ひとつの事件に3つの時間軸から迫る『迷宮捜査』。見どころはなんといっても不気味な雰囲気漂う事件と不可解な犯人像だろう。藁人形、切り張りされた手紙、壁に開いた小さな穴…そのひとつひとつが事件の手掛かりになると同時に、捜査を翻弄してゆく。散りばめられた断片をかき集め、ひとつの真実が暴かれる時、茫然としてしまうに違いない。

その他、夫婦や家族としての日常を描いた人間模様も見どころ。『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』のカーメン・イジョゴや、『ジャスティス・リーグ』のサイボーグ役で知られるレイ・フィッシャーがそれぞれアリ演じるヘイズの妻と息子を演じる。脇を固める『ブレイド』のスティーヴン・ドーフ、『11/22/63』のサラ・ガドンらにも注目だ。

話題のスタッフ・キャストが集結し、濃密な物語が展開する『TRUE DETECTIVE/迷宮捜査』。ここでしか見ることのできない超一級本格クライムミステリーをぜひ堪能してほしい。

TOPページに戻る