target="_blank" シリーズ:隠れた良作『キルスティン・ダンストの大統領に気をつけろ!』(1999) | 映画・海外ドラマのスターチャンネル[BS10]


シリーズ:隠れた良作『キルスティン・ダンストの大統領に気をつけろ!』(1999)【STAR2 字幕版】1/20(月)よる9:00 ほか 

放送スケジュール

ご加入はこちら

STAR2

1972年、ワシントンD.C.に暮らす女子高生ベッツィとアーリーンは大の仲良し。
ある夜、アーリーンが住むウォーターゲート・ビルの⾃宅から2人一緒に外出したところ、不審な男と遭遇。実はその男は、同じビルにある民主党本部に盗聴器を仕掛けに侵入しようとした共和党関係者だった。そんなこととは知らず、後⽇、社会科見学でホワイトハウスを訪れた2人は、ニクソン大統領に気に入られ、飼い犬の散歩係に任命されるが…。 これまでさまざまな形で映画化されてきた‟ニクソン大統領”、"ウォーターゲート事件"を、「ニクソン失脚の黒幕"ディープスロート"は2人の女子高生だった」という奇想天外なアイデアで描いた、⽇本劇場未公開のコメディ快作。
女子高生2人組のベッツィを当時17才のキルスティン・ダンスト、アーリーンを当時19才のミシェル・ウィリアムズが、キュートに好演。ハイテンションなキャピキャピのノリと、コスプレーヤーばりに次々に変化するオシャレなファッションが超カワイイ。
一方、ストーリーは、ニクソン失脚の本当の立役者となった、ワシントン・ポスト紙の2人の記者を描いた名作『大統領の陰謀』を元にした、パロディともオマージュともつかぬシーンが随所に散りばめられ、映画ファンならニヤリとすること請け合い。二枚目俳優ロバート・レッドフォードが演じたボブ・ウッドワード記者を、おとぼけコメディ俳優のウィル・フェレルが演じて、ゆる~い笑いを振りまいている。『大統領の陰謀』と連続放送するので、併せて観れば2倍楽しめること間違いなしだ。
政治スキャンダルを次々と映画化するアメリカの"⾃由"な気風。さらに本作のような"変化球"も軽々と投げてしまう独創性。ハリウッド映画の懐の深さを実感する一本である。

スターチャンネル×HBO

201912

MON TUE WED THU FRI SAT SUN
      1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      

20201

MON TUE WED THU FRI SAT SUN
  1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
             

ご加入はこちら