THE PLOT AGAINST AMERICA
プロット・アゲンスト・アメリカ

イントロダクション

現代アメリカ文学を代表する作家フィリップ・ロスの歴史改変小説をHBO®がドラマ化

代表作『さよならコロンバス』など、キリスト教国に暮らすユダヤ人の苦難や葛藤を真正面からテーマにしてきたアメリカを代表する作家フィリップ・ロス。彼が執筆した「もし第二次世界大戦中の1940年大統領選において、反ユダヤ主義で親ヒトラー派の英雄的飛行士チャールズ・リンドバーグが、現職のルーズベルトに勝利していたら…」という設定のもと、あるユダヤ人家族の視点から急変するアメリカを描いた歴史改変小説『プロット・アゲンスト・アメリカ もしもアメリカが…』(2004年出版)を、『ゲーム・オブ・スローンズ』のHBO®がドラマ化。ロスの最高傑作とも評される名著が、HBO®のマジックでどう映像化されているか、乞うご期待!

ウィノナ・ライダー、ジョン・タトゥーロ、ゾーイ・カザンら豪華キャストが40年代アメリカのユダヤ人の苦悩を熱演!

物語の主人公となるレヴィン家の夫婦を『ルビー・スパークス』のゾーイ・カザンと『ザ・ミスト』のモーガン・スペクターが演じ、ゾーイ・カザン演じるベスの姉で、リンドバーグに傾倒し、レヴィン家にトラブルを巻き起こすエヴリン役を、近年は『ストレンジャー・シングス』で存在感を放つウィノナ・ライダー、ユダヤ教の聖職者でありながらリンドバーグを支持し、彼の政権の参謀となるラビを『バートン・フィンク』『トランスフォーマー』シリーズのジョン・タトゥーロが演じる。また、『マリッジ・ストーリー』のアジー・ロバートソンがレヴィン家の次男フィリップ役で出演。

『THE WIRE /ザ・ワイヤー』『HERO 野望の代償』『DEUCE/ポルノストリート in NY』のクリエイターが再集結! 

オバマ前大統領もお気に入りと公言した傑作ドラマ『THE WIRE/ザ・ワイヤー』のほか、HBO®ドラマ『HERO 野望の代償』、『DEUCE/ポルノストリート in NY』などを製作したデヴィッド・サイモン、エド・バーンズ、ニナ・コストロフ=ノーブルが再びタッグを組み、さらに2018年に亡くなった原作著者フィリップ・ロスも生前サイモンと会い、ドラマ化について賛同し共同製作総指揮としてプロジェクトに参加した。1940年代の設定であるフィクションが、現代社会に投げかけるメッセージとは?

「Rotten Tomatoes」で86%の高評価! 

3月16日に第1話を放送した米国ではレイティングサイト「Rotten Tomatoes」の批評家票で86%を記録!過去に映像化されたフィリップ・ロス作品の中で最高傑作との評価もあがっている。

55周年長期特別企画 『ガス人間第1号』
55周年長期特別企画 『ガス人間第1号』

20219

MON TUE WED THU FRI SAT SUN
  1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30    
             

202110

MON TUE WED THU FRI SAT SUN
    1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
             

放送スケジュール

オンデマンド

ご加入はこちら