STAR EX


世界中を震え上がらせた “リトビネンコ事件” の10年間に及ぶ捜査の全貌を完全映像化。
“今”見なければならない、衝撃のノンフィクションドラマ! 独占日本初放送!

2006年にロンドンで毒殺されたロシアの元スパイ、アレクサンドル・リトビネンコ。 “ロンドン警視庁史上、最も複雑かつ危険な捜査”と言われた暗殺事件を題材に、瀕死の床で行われたリトビネンコへの事情聴取から、2016年にイギリス政府がロシアのプーチン大統領が関与していたとの公式見解を表明するまでの10年間に及ぶ苦難の捜査の全貌を、警察と遺族ら全面協力のもと、 徹底的なリサーチに基づき再現した衝撃のノンフィクションドラマ。 『80日間世界一周』『ドクター・フー』のデヴィッド・テナントがリトビネンコに扮し、迫真の演技を見せる。脚本は『Lupin/ルパン』『キリング・イヴ/Killing Eve』のジョージ・ケイ、監督は『クリミナル』シリーズのジム・フィールド・スミス。製作総指揮は『フォーティチュード/極寒の殺人鬼』『ピーキー・ブライダーズ』のパトリック・スペンス。(全4話)

リトビネンコ暗殺 ストーリー

2006年11月1日、ロンドン。ロシアからの亡命者、アレクサンドル・リトビネンコ(デヴィッド・テナント)はイギリス国籍を取得したことを妻マリーナ(マルガリータ・レヴィエヴァ)と息子アナトーリ(テミーラン・ブラエヴ)とともに喜んだのもつかの間、吐血する。病院で彼は「暗殺者に毒を盛られた」と主張。そして死の床でロンドン警視庁のブレント・ハイアット警部補(ニール・マスケル)らに自分が元FSB(ロシア連邦保安局)職員であることを明かし、「暗殺を指示したのはウラジーミル・プーチンだ」と訴え死亡する。死後、リトビネンコの体内からは猛毒の放射性物質“ポロニウム210”が検出される。誰がリトビネンコを暗殺したのかー。真実を知るためにマリーナとロンドン警視庁の苦難の戦いが始まるー。

吹替版キャスト&コメント全文はこちら>>

安藤優子、笠井信輔、デーブ・スペクター、小原ブラスら著名人から絶賛コメント到着!>>

相関図はこちら>>

リトビネンコ暗殺 オンエア

    ▼【配信】スターチャンネルEX
    <字幕版>配信中(毎週木曜1話ずつ更新)
    <吹替版>1月19日(木)より配信開始 (毎週木曜1話ずつ更新)

    スターチャンネルex

    スターチャンネルEX for Amazon で観る方はこちら>>

    ▼【放送】スターチャンネル
    star1 字幕版<字幕版>2月6日(月)より 毎週月曜よる11:00 ほか
    ※2月5日(日)吹替版 第1話 無料放送
    star3 字幕版<吹替版>2月8日(水)より 毎週水曜よる10:00 ほか

    スカパー

20232

MON TUE WED THU FRI SAT SUN
  1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28      
             

20233

MON TUE WED THU FRI SAT SUN
  1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
             

放送スケジュール

ご加入はこちら