DOWNTON ABBEY season3
ダウントン・アビー シーズン3

キャスト&スタッフ

キャスト

貴族

“グランサム伯爵 ロバート,ヒュー・ボネヴィル,玉野井 直樹”

グランサム伯爵 ロバート

演:ヒュー・ボネヴィル 
声:玉野井 直樹

邸宅「ダウントン・アビー」の主。3人の娘の幸せと邸宅の存続を何よりも願っている。先の大戦後、時代の変化についていけず物事が思い通りに進まないことに戸惑う。使用人にも気を遣って接する心優しい英国紳士。

“グランサム伯爵夫人 コーラ,エリザベス・マクガヴァーン,片貝 薫”

グランサム伯爵夫人 コーラ

演:エリザベス・マクガヴァーン 
声:片貝 薫

アメリカから嫁いだ富豪の娘。保守的な夫に比べ合理的で、時に夫を励まし陰でダウントンを支える強く優しい伯爵夫人。

“先代グランサム伯爵未亡人 バイオレット,マギー・スミス,一城 みゆ希”

先代グランサム伯爵未亡人 バイオレット

演:マギー・スミス
声:一城 みゆ希

家の名声を守るためには手段を選ばない非常に誇り高い貴婦人。毒舌だがその反面、息子夫婦と孫娘たちの幸せを願う優しい一面も。

“長女 メアリー・クローリー,ミシェル・ドッカリー,甲斐田 裕子”

長女 メアリー・クローリー

演:ミシェル・ドッカリー
声:甲斐田 裕子

現実主義で賢いクローリー家の長女。伯爵家の長女ゆえの責任感とプライドのため紆余曲折があったが、ついに相続人のマシューと結ばれ、クローリー家に安泰をもたらす。邸宅の跡継ぎとなる。

“次女 イーディス・クローリー,ローラ・カーマイケル,坂井 恭子”

次女 イーディス・クローリー

演:ローラ・カーマイケル
声:坂井 恭子

姉メアリーに比べて容姿も性格も平凡。跡継ぎとして大切にされている姉に嫉妬心を抱いていたが、大戦を境に自立心が芽生え、恋愛に対しても積極的に。

“三女 シビル・クローリー,ジェシカ・ブラウン・フィンドレイ,うえだ 星子”

三女 シビル・クローリー

演:ジェシカ・ブラウン・フィンドレイ
声:うえだ 星子

末っ子だけに性格も考え方も自由奔放で正義感が強い。政治への関心という共通点もあり、運転手だったブランソンと身分を越えた恋に落ち、駆け落ちの末結婚。ダブリンに移り住む。

“マシュー・クローリー,ダン・スティーヴンス,佐藤 拓也”

マシュー・クローリー

演:ダン・スティーヴンス
声:佐藤 拓也

クローリー家の跡取り婿として招かれた一族の遠い親戚。他の女性との婚約、従軍、負傷などを経てついにメアリーと結婚。正式にロバートの後継者となる。目下の懸念はダウントンの運営方針。

“マシューの母 イザベル・クローリー,ペネロープ・ウィルトン,水野 ゆふ”

マシューの母 イザベル・クローリー

演:ペネロープ・ウィルトン
声:水野 ゆふ

バイオレット相手でも怯まない強気な貴婦人。看護師だったこともあり、女性の自立と社会進出を推進する、革新的な女性。

“トム・ブランソン,アレン・リーチ,星野 健一”

トム・ブランソン

演:アレン・リーチ
声:星野 健一

クローリー家の運転手だったが、自立心旺盛な三女シビルと身分を超えた禁断の恋をし、結婚。伯爵の反対を押し切って故郷アイルランドに移る。

“マーサ・レビンソン,シャーリー・マクレーン,沢田 敏子”

マーサ・レビンソン

演:シャーリー・マクレーン
声:沢田 敏子

コーラの母。孫メアリーの結婚式に参列するためアメリカからやってくる。合理主義でバイオレットに劣らぬ毒舌家。

“ローズ・マクレア,リリー・ジェームズ,下山田 綾華”

ローズ・マクレア

演:リリー・ジェームズ
声:下山田 綾華

スコットランドの城に住むクローリー家の親戚。母親に反発して無茶をする奔放な一人娘。一時ダウントンに滞在することになる。

使用人

“執事 カーソン,ジム・カーター,中村 浩太郎”

執事 カーソン

演:ジム・カーター
声:中村 浩太郎

少年の頃からダウントン・アビーで働いているため、一家から全幅の信頼を寄せられている。男性スタッフのトップで使用人全体の重鎮的存在。

“家政婦長 ヒューズ,フィリス・ローガン,沢田 泉”

家政婦長 ヒューズ

演:フィリス・ローガン
声:沢田 泉

公平で感情的にならない、女性スタッフの取りまとめ役。女性スタッフのトップだが、使用人全体の母親的存在。

“伯爵夫人付侍女 オブライエン,シボーン・フィネラン,山本 留里佳”

伯爵夫人付侍女 オブライエン

演:シボーン・フィネラン
声:山本 留里佳

コーラの身の回りの世話担当。とても冷徹で常に他人の足をひっぱろうと目を光らせている。かつてグルだったトーマスから距離を置き、甥アルフレッドを昇進させることを目論んでいる。

“伯爵付従者 トーマス・バロー,ロブ・ジェームズ=コリアー,三上 哲”

伯爵付従者 トーマス・バロー

演:ロブ・ジェームズ=コリアー
声:三上 哲

自己中心的で自尊心が非常に強く、隙があれば昇進のチャンスを狙うしたたかな男だったが、従軍、負傷を経験し多少温厚に。同性愛者であることを知られ、居場所を失くしかける。

“メイド長 アンナ,ジョアン・フロガット,衣鳩 志野”

メイド長 アンナ

演:ジョアン・フロガット
声:衣鳩 志野

若手メイドのトップ。クローリー家の3人の娘の身の回りの世話もする。賢く聡明で優しい心の持ち主。刑務所にいる夫ベイツを献身的に支え、無実を証明するため奔走する。

“下僕 アルフレッド,マット・ミルン,千野 智史”

下僕 アルフレッド

演:マット・ミルン
声:千野 智史

オブライエンの甥。ベイツの不在中伯爵付従者になったトーマスの後任の下僕として採用される。193cmの長身。

“下僕 ジミー,エド・スピーラーズ,中林 俊史”

下僕 ジミー

演:エド・スピーラーズ
声:中林 俊史

アルフレッドとほぼ同期の下僕。短気で自信家だがキッチンの新人アイビーに慕われ、その後トーマスからも好意を寄せられる。

“料理長 パットモア,レスリー・ニコル,美々”

料理長 パットモア

演:レスリー・ニコル
声:美々

クローリー家の料理長。仕事には厳しいが人柄が良く、皆に頼られる肝っ玉母さんのような存在。

“料理長助手 デイジー,ソフィー・マックシェラ,中司 ゆう花”

料理長助手 デイジー

演:ソフィー・マックシェラ
声:中司 ゆう花

使用人の中で一番年下で怒られてばかりいたが、料理長助手に昇進しついに後輩ができる。しかし奔放な後輩が気に入らず、辛く当たってしまう。

“キッチンメイド アイビー,カーラ・シオボルド,矢元 亜実”

キッチンメイド アイビー

演:カーラ・シオボルド
声:矢元 亜実

料理長助手に昇進したデイジーの後任の台所担当メイド。アルフレッドに好意を持たれるが、ジミーに夢中。デイジーからは厳しく扱われる。

“マーサ付メイド リード,ルシール・シャープ,三井 美代子”

マーサ付メイド リード

演:ルシール・シャープ
声:三井 美代子

マーサに同伴して来たメイド。アメリカ人らしく積極的に下僕のアルフレッドにアプローチをかけ、階下の人間関係のバランスを乱す。

その他

“元伯爵付従者 ベイツ,ブレンダン・コイル,谷 昌樹”

元伯爵付従者 ベイツ

演:ブレンダン・コイル
声:谷 昌樹

かつての戦友という縁でグランサム伯爵の身の回りの世話を担当していたが、前妻の策略により殺人容疑で収監されてしまう。メイドのアンナと結婚し精神的に支えられている。

“イザベルのメイド エセル,エイミー・ナトール,行成 とあ”

イザベルのメイド エセル

演:エイミー・ナトール
声:行成 とあ

ダウントンが療養所だった頃に使用人として仕えていたが、療養中の軍人と不祥事を起こし解雇される。その時にできた子を独りで育てようと苦労していたところをイザベルに救われる。

55周年長期特別企画 映画は死なず!
55周年長期特別企画 映画は死なず!

202110

MON TUE WED THU FRI SAT SUN
    1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
             

202111

MON TUE WED THU FRI SAT SUN
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30      
             

放送スケジュール

オンデマンド

ご加入はこちら