私の愛した007 著名人が語る007への愛

スパイ映画の金字塔「007」の魅力に心を射抜かれた著名人が、その愛を語り尽くすミッションに挑む連載企画!

  • No.001
    関根 勤さん
  • No.002
    COMING SOON
  • No.003
    COMING SOON
  • No.004
    COMING SOON

No.001関根 勤さん

僕にとって「007」は永遠の憧れなんです

僕が初めて「007」シリーズの存在を知ったのは、確か11、12歳の頃ですね。「007/ゴールドフィンガー」(’64)のポスターを見て、面白そうだなと思ったんですよ。でも実際に映画館へ見に行ったのは「007/サンダーボール作戦」(’65)が初めて。当時はまだ中学生でした。それ以来すっかり「007」の虜になりました。新作が公開されるたび見に行っていますし、古い作品もテレビで放送された時にチェックしていたので、シリーズ全作品見ていると思います。僕にとって「007」の映画は永遠の憧れなんですよ。
やはり、シリーズの最大の魅力は主人公ジェームズ・ボンドのカッコよさ。世界を股にかけて活躍する強くて謎めいた凄腕のスパイで、しかもセクシーでダンディーで女性にモテモテ。男がほれる“究極の男”ですよ。スーツ姿もおしゃれだし、ボンド・カーもカッコいい。ボンドの愛車であるアストンマーティンを買おうと本気で思ったこともあります。

歴代のボンド俳優の中で、僕が一番好きなのは初代のショーン・コネリー。とにかく男臭いんです。スクリーンに出てきただけでオスの匂いがする。要するにエロいんですよね。他のボンドにはあんなエロさはない。それに顔も良いですね。日本で言うと三船敏郎みたいな武骨さ。当時はチャールズ・ブロンソンやカーク・ダグラスのような、いかにも男臭い感じのハリウッド俳優が大人気でしたけど、時代が求めたスターだったんでしょうね。僕なんか、ショーン・コネリーの胸毛に憧れて乾布摩擦していましたから。生えてくるんじゃないかって思って。結局、生えてきませんでしたけど(笑)。

3代目のロジャー・ムーアも捨てがたい。彼のボンドはノリがチャラくて漫画っぽいんです。これはこれで面白い。現在の6代目のダニエル・クレイグも大好きです。彼の演じるボンドは非常にシリアスで、どこか影があるキャラクターなんですよ。個人的な苦悩を抱えていたりするところも、見ていて親近感が持てます。でもって、胸毛はないけど筋肉はある。昔はあんなにマッチョな俳優さんはいませんでした。そこがまたカッコいい。いろいろな意味で、ジェームズ・ボンドの進化形という感じですね。こうして歴代のボンドを比較すると、今の若い女の子たちはどのボンドが好きなのか、気になりますね。

それから、「007」シリーズと言えばボンドガール。セクシーで美しい女優さんが毎回出てきます。みなさん魅力的ですが、やはり「007/ドクター・ノオ」(’62)に出演したウルスラ・アンドレスは外せませんね。なんたって初代ボンドガールですから。「007/ゴールドフィンガー」に出演したオナー・ブラックマンは、役の上でですがジェームズ・ボンドと同じくらい強くて、ボンドを投げ飛ばしてしまうシーンが印象的でした。でも結局はボンドが勝って、やっぱりあなたは強いわ、みたいな感じでキスしちゃうんですけど(笑)。
「007/ロシアより愛をこめて」(’63)のダニエラ・ビアンキも綺麗でしたし、「007/美しき獲物たち」(’85)のタニア・ロバーツも憂いがあって好きですね。あとは「007/ワールド・イズ・ナット・イナフ」(’99)のデニス・リチャーズ。彼女の演じたボンドガールはおてんばなところがとてもキュートで、この作品で5代目ボンドを演じたピアース・ブロスナンとの相性も抜群でした。ちなみに、ブロスナンは僕と同い年なんですよ。

それに、個性的な悪役も「007」シリーズの魅力ですよね。中でも「007は二度死ぬ」(’67)に出てきた犯罪組織「スペクター」のボス、ブロフェルド(ドナルド・プレザンス)は特にインパクトがありますね。悪人なのに猫を膝に置いて優しく愛でているのが面白い。「007/ゴールドフィンガー」で日系人プロレスラーのハロルド坂田が演じたオッド・ジョブとか、「007/私を愛したスパイ」(‘77)と「007/ムーンレイカー」(’79)に登場した殺し屋ジョーズ(リチャード・キール)も強烈だった。「007」映画は脇役も見逃せないんです。
今回の特集ではシリーズ全24作品を完全放送するそうですが、時代とともにストーリーや敵の組織、事件の背景が複雑になっていくところにも注目して欲しいですね。昔はわりと単純で荒唐無稽なところがありましたが、最近の「007」の映画はとてもリアルです。また、製作当時の政治情勢によってテーマも変わりますしね。「007/ダイ・アナザー・デイ」(’02)では北朝鮮が敵として出てきてビックリしました。

9月放送の作品では、まず「007/ロシアより愛をこめて」がおススメですね。列車の中でショーン・コネリー演じるボンドとロバート・ショー扮する殺し屋が格闘するシーンは圧巻です。まさに密室アクション。その後、いろいろな映画で真似されました。マット・モンローが歌う主題歌も良かった。僕が初めて買ったレコードです。
それから、なんといっても「007/スカイフォール」。(’12)。これにはシビれましたね。ダニエル・クレイグ演じるボンドはとても魅力的で、彼の「007」シリーズでは一番好きな作品です。ハビエル・バルデム演じる元英国諜報部員の悪役シルヴァも最高に怖かった。彼はコーエン兄弟監督の「ノーカントリー」(’07)でも恐ろしい演技を見せましたけど、本当にいい俳優さんですよ。二転三転するストーリーも実に面白かった。すごく緻密なんですよ。これは間違いなく傑作です。

TSUTOMU SEKINE

53・8・21生まれ。東京都出身。獅子座。A型。'74年にデビュー。「ミライ☆モンスター」(フジテレビ系)、「昭和歌謡ベストテン」(BS-TBS)、「関根勤 KADENの深い夜」(BS11 イレブン)、「コサキンのラジオごっこ」(MONDO TV)ほか数多くの番組に出演。

関根さん所有の「007」モデルの腕時計。裏に「007」のロゴがデザインされている。

Photo=吉田タカユキ
 Interview=なかざわひでゆき

James Bond Films © 1962-2018 Danjaq, LLC and Metro-Goldwyn-Mayer Studios Inc. and related James Bond Trademarks © 1962-2018 Danjaq, LLC and United Artists Corporation. and related James Bond Trademarks are trademarks of Danjaq, LLC. All Rights Reserved.

キャンペーン実施中!最短30分で視聴可能!

スカパー!で視聴する

アンテナ、ケーブル、チューナー不要!

インターネットTVで視聴する

地域密着!安心サポート!

ケーブルテレビで視聴する