放送番組の編集の基準

放送番組の編集の基準

  1. 我が社は、ハリウッド映画の番組を中心に各種の映画番組を放送する局として我が国の放送及び映画産業の健全な発展を寄与するため、言論及び表現の自由を守り、また、民主主義の精神に従い、基本的人権と世論を尊び、法と秩序を尊重して、社会の信頼にこたえる放送を行なう。
  2. 当社は放送番組を次の基準によって編集する。
    1. (1)人権・人格・名誉
      1. 人命を軽視するような取扱はしない。
      2. 個人や団体の名誉を傷つけたり、信用を損なうような放送はしない。
    2. (2)宗教

      宗教に関する放送は、信仰の自由を尊重し公正に取り扱う。

    3. (3)政治

      政治上の諸問題は、できるだけ多くの視点から論点を明らかにし、公正に取り扱う

    4. (4)家庭と社会
      1. 家庭生活を尊重し、これを破壊するような思想を肯定的に取り扱わない。
      2. 暴力行為は、どのような場合にも是認しない。
    5. (5)犯罪

      犯罪については、法律を尊重し、犯人を魅力的に表現したり、犯罪行為を是認するような取扱はしない。

    6. (6)性表現

      性に関する事柄は、視聴者に困惑・嫌悪の感じを抱かせないように注意する。

    7. (7)表現
      1. 下品な言葉使いはできるだけ避け、また卑猥な言葉や動作による表現はしない。
      2. 人心に恐怖や不安又は不快の念を起こさせるような表現はしない。

放送番組の編集に関する基本計画

株式会社スター・チャンネルは人工衛星を使用し放送法に基づく委託放送業務を行うにあたり放送番組編集の基本方針を下記のとおり定める。

  1. 放送法第一条の精神にのっとり放送を通じて公共の福祉文化とりわけ映像文化の向上に寄与することを目的として番組を編集する。
  2. 番組の編集にあたっては人権を守り、法と社会秩序を尊重して、優れた文化の発展につとめ、健全な家庭に貢献する放送であることを旨とする。
  3. 放送番組は、制作者、翻訳者の権利を尊重し、もって著作権思想の普及と映像文化の創造に寄与する。
  4. 放送番組は、スターチャンネルの特色を明確にするため以下の項目に準拠して編集する。
    1. (1)放送がもつ、社会性、公共性の意義を認識して、視聴者にとって健全かつ豊富な映画番組を提供する。
    2. (2)視聴者の利便性を重視するため、他のチャンネルとの重複を避け、映画チャンネルとしての専門性と個性を明確にする。
    3. (3)放送の公共的使命にかんがみ堅実な編成コンセプトをもとにニーズに応じた合理的な番組編成を行う。
    4. (4)一日の放送時間は原則として24時間放送とする。