ニュース

「スター・ウォーズ」密着ドキュメンタリーがSXSWでお披露目 マーク・ハミルも登場

(左から)アンソニー・ウォンケ監督、 ライアン・ジョンソン監督、マーク・ハミル
(左から)アンソニー・ウォンケ監督、 ライアン・ジョンソン監督、マーク・ハミル
米テキサス州オースティンで開催中のSXSW(サウス・バイ・サウス・ウェスト)映画祭で3月12日(現地時間)、「スター・ウォーズ最後のジェダイ」の撮影に密着したドキュメンタリー「TheDirectorandTheJedi」が、ワールドプレミア上映された。上映後には、同作のアンソニー・ウォンケ監督、「最後のジェダイ」のライアン・ジョンソン監督、プロデューサーのラム・バーグマン、マーク・ハミルが登壇し、観客とのQ&Aを行った。

このドキュメンタリーは、英国のパインウッド・スタジオにあるサウンドステージでの「最後のジェダイ」のリハーサルや撮影の模様を中心に、アイルランドの孤島スケリッグ・マイケルや、クロアチアの世界遺産ドブロブニクなどで行われたロケの模様をくまなく追いかけている。

クランクイン当初、ハミルや故キャリー・フィッシャーさんら古参キャストたちの不遜な態度に当惑するジョンソン監督が、重要なシーンの撮影を次々に成功させることによって、スタッフ・キャスト全員と一体感を作り上げて行くさまが描かれる。とりわけ、思い通りのカットが撮れた時のジョンソン監督のエモーションあふれる表情と、ハミルのオフショットでのおどけた仕草が印象的だ。

観客とのQ&Aでは、ハミルが「(前作)『フォースの覚醒』の撮影が始まる前に、1年間、12カ月、毎日トレーニングを続けたんだ。脚本が届く前にね!」と、出演シーンが数秒しかなかった前作の苦い思い出を披露し、場内の爆笑を誘った。彼は、今でも欠かさずトレーニングを続けているという。

このドキュメンタリー「TheDirectorandTheJedi」は、4月25日に発売される「スター・ウォーズ最後のジェダイ」のMovieNEXにボーナスコンテンツ「完成までの軌跡」として収録される(4月18日に先行デジタル配信開始)。
インターネットでスターチャンネルが見れる!カンタン加入!
インターネットでスターチャンネルが見れる!カンタン加入!