ニュース

エマ・ストーンVSスティーブ・カレル!世紀の男女テニス対決描く映画、7月6日公開

1973年の男女対抗試合が題材
1973年の男女対抗試合が題材
エマ・ストーンとスティーブ・カレルが共演した「BattleoftheSexes(原題)」が、「バトル・オブ・ザ・セクシーズ」の邦題で7月6日から日本公開されることが決定した。合わせて、2人の姿をとらえたポスタービジュアルも披露された。

本作は、1973年に世界の注目を集めた「テニスの男女対抗試合」を題材に、29歳・現役世界チャンピオンの女性テニス選手ビリー・ジーン・キングと、元チャンピオンである55歳の男性選手ボビー・リッグスの対決を描く。

70年代当時、女性選手の優勝賞金は、男性選手の8分の1。ビリー・ジーンは、男女平等を訴えるために「女子テニス協会」を立ち上げるが、男性優位主義者のボビーに挑戦状を叩きつけられる。一度は対決を拒んだビリー・ジーンだったが、すべてをかけて戦うことを決意。一方、ギャンブル癖が原因で離婚危機を迎えていたボビーは、試合に勝てば「人生の一発逆転」ができると考えていた。

スタッフは、「リトル・ミス・サンシャイン」を手がけたジョナサン・デイトンとバレリー・ファリスがメガホンをとり、「スラムドッグ$ミリオネア」のサイモン・ボーフォイが脚本を執筆。「スラムドッグ$ミリオネア」でもボーフォイとタッグを組んだダニー・ボイル監督がプロデューサーを務めている。

ポスタービジュアルは、ビリー・ジーン役のストーンとボビー役のカレルが、互いの手をとりポーズを決める場面を切り取っている。その上には、導火線がついた“爆弾風テニスボール”、「時代を変えた、<男と女の熱い戦い>!」というキャッチコピーが配され、2人の対決ムードが強調されている。

「バトル・オブ・ザ・セクシーズ」は、7月6日から東京・TOHOシネマズシャンテほか全国で順次公開。
インターネットでスターチャンネルが見れる!カンタン加入!
インターネットでスターチャンネルが見れる!カンタン加入!