ニュース

マシュー・ボーン監督、「キングスマン」で直面した“続編の壁”「非常に難しかった」

ステージ衣装のまま、 激しいアクションにも挑戦!
ステージ衣装のまま、 激しいアクションにも挑戦!
世界興行収入4億ドル超の大ヒットを記録したスパイアクション「キングスマン」の続編「キングスマンゴールデン・サークル」のメガホンをとったマシュー・ボーン監督が、作品への思いを語った。

前作で、英国の秘密スパイ機関“キングスマン”のエージェントに成長し、世界を救ったエグジー(タロン・エガートン)。本作では、謎の組織“ゴールデン・サークル”の陰謀を阻止するため、アメリカのスパイ機関“ステイツマン”と共闘するさまが描かれる。前作で命を落としたはずのエグジーの師匠ハリー(コリン・ファース)が復活するほか、ステイツマンのメンバーとしてチャニング・テイタム、ジェフ・ブリッジス、ハル・ベリー、ゴールデン・サークルのボス、ポピー役としてジュリアン・ムーアが新たに加わった。

自身が続編のメガホンをとるのは、本作が初めて。「続編のほうが非常に難しいと感じた。より面白くしたいとか、より独創的にしたい、そういうことが全部難しかった。キャラクターが成長を遂げる、というのもね」と苦労を明かしたボーン監督は、「最初の作品とはまったく違うプロセスがあったし、とにかくストーリーを続けていこう、という気持ちだったよ。いろいろとうまくいってない続編を見てきたから、やはり同じになってしまってはいけない。トーン、調子は同じなんだけど、そこで『新鮮さがほしい』というのはすごく難しいことだったね」と続ける。

その“新鮮さ”を求める気持ちが最大限に投影されたキャラクターが、エルトン・ジョンの起用だ。ジョンは本人役として出演し、奇抜なステージ衣装に身を包んで華麗なアクションまで披露する。自身もジョンの大ファンというボーン監督は、「人々が見たときに信じられない!と思ってくれることをやりたかったし、『キングスマン』は常に人々を驚かせることを狙っているから、これはまさにそうだ!と思ったんだ。エルトン・ジョンが出演してくれるんだったら、アクションをやらせたいと思いついたんだよ。誰もそういうことを想像もしないし、見たこともないから絶対新鮮だよね」と手ごたえをにじませる。

本作では個性豊かな新キャラクターが続々と登場し、新たなガジェットもお目見えする。中でも本作の特長といえるのが、キングスマンの象徴ともいえるエレガントなスーツ。ボーン監督は、衣装へのこだわりについて「衣装はすべて実際に売っているんだ。だから皆さんが“着たい!”と思うような格好いいもの、スタイリッシュなものを目指していてデザインしているし、そういう意識でかなり早い時点から衣装のデザインを始める。これは私がすごく誇りに思っている、自慢できる部分だよ!」と軽やかに語った。

「キングスマンゴールデン・サークル」は、1月5日から全国公開。
インターネットでスターチャンネルが見れる!カンタン加入!
インターネットでスターチャンネルが見れる!カンタン加入!