ニュース

戌年に見たい!笑えて泣ける犬映画12組

ウェス・アンダーソンの新作も犬映画!
ウェス・アンダーソンの新作も犬映画!
2018年の干支は戌。ということで、戌年に見たい犬映画を映画.comがピックアップしました。笑えて泣けるハートウォーミングな12組の作品で心を満たしてください。

まずは、日本が世界に誇る犬映画「南極物語(1983)」と「ハチ公物語」。南極に置き去りにされてしまった15頭のカラフト犬たち、帰らぬ主人を待ち続けた忠実な秋田犬、どちらのドラマも感涙必至です。故ポール・ウォーカーさん主演でリメイクした「南極物語」と、リチャード・ギア主演のリメイク版「HACHI約束の犬」、それぞれと見比べるのもオススメ。

犬映画の魅力のひとつは、大人から子どもまで幅広い世代が一緒に楽しめること。特にアニメーションでは、表情豊かなの犬たちの大冒険にドキドキワクワクがとまりません。ディズニーアニメーションの名作「わんわん物語」や「101匹わんちゃん大行進」から、2016年に大ヒットした「ペット」まで、個性あふれるキュートな犬たちの活躍を応援しましょう。

一方、名演技で観客のハートを射止めたスター犬といえば、アカデミー賞5冠に輝いた「アーティスト」のジャックラッセルテリア、アギー。カンヌ国際映画祭の「パルム・ドッグ賞」を受賞した実力派、その愛らしい熱演は何度見てもほっこりします。

そして、「グランド・ブダペスト・ホテル」「ムーンライズ・キングダム」のウェス・アンダーソンの新作も犬映画。その名も「犬ヶ島」。失踪した愛犬を探す少年と、犬たちの壮大な旅と冒険物語が、ストップモーションアニメでつづられます。日本が舞台というのも注目ポイント。2月のベルリン国際映画祭のオープニングを飾った後、日本では春の公開を予定しています。

お家で家族そろって見るもよし、大スクリーンで見るもよし。映画.comが選ぶ笑えて泣ける犬映画12組はこちら。

▽「南極物語(1983)」「南極物語」
▽「ハチ公物語」「HACHI約束の犬」
▽「わんわん物語」
▽「101匹わんちゃん大行進」「101」
▽「マリリンに逢いたい」
▽「アーティスト」
▽「犬と私の10の約束」
▽「わさお」
▽「マーリー世界一おバカな犬が教えてくれたこと」
▽「ペット」
▽「僕のワンダフル・ライフ」
▽「犬ヶ島」
STAR CHANNEL MOVIES『ロンドン、人生はじめます』 インターネットでスターチャンネルが見れる!カンタン加入!
STAR CHANNEL MOVIES『ロンドン、人生はじめます』 インターネットでスターチャンネルが見れる!カンタン加入!