イベントレポート

加入者限定「MY STAR CLUB」では、さまざまなプレミアムイベントを実施しています。
貴重なイベントを体験していただいた皆さまの特派員レポートやイベント体験レポートなどをお届けします! まだ会員登録していない方は「MY STAR CLUB」に登録してプレミアムイベントに応募しよう!次はあなたかもしれません!

『ゲーム・オブ・スローンズ 第七章:氷と炎の歌』
吹替収録現場見学

ついに二ヵ国語版の放送がスタートした『ゲーム・オブ・スローンズ 第七章:氷と炎の歌』。その吹替収録現場の見学に、MY STAR CLUBの会員様をご招待いたしました!

収録の前にプロデューサーから簡単なレクチャー。皆さん、真剣な表情で聞き入っていました。ファン同士ということで待ち時間の間に一気に打ち解けた様子。中には各家の紋章のネイルアートを施してこの日に臨んだ方も!

スタジオに移動し、今度はディレクターから詳細な説明。皆さん、興味津々です。本番前には声優の皆さんにご挨拶。それぞれ『ゲーム・オブ・スローンズ』への愛を熱く語ってくださいました。

収録見学の後の質問タイムでは鋭い質問が飛び交いました。おみやげにはスターチャンネル限定『ゲーム・オブ・スローンズ』マグカップをプレゼント。この機会に『ゲーム・オブ・スローンズ』への愛をより深めていただけた様子でした。


●石井 陽子 さん

待ちに待った『ゲーム・オブ・スローンズ(以下:GOT)第七章:氷と炎の歌』吹替収録現場見学に参加させていただきました!
当日はまずスターチャンネルの方々からイベントの丁寧な説明をいただき、同じ参加者の皆さんと自己紹介代わりに得意の『ゲーム・オブ・スローンズ』の話題で打ち解け、いざスタジオへ。
編集室に用意いただいた席で、ドラマの映像と隣の部屋でアフレコをしている声優さん達のふたつの映像を眺めます。
そして、耳には生のアフレコの声が聞こえてきます…なんて贅沢!
ことばの微妙な発音・伝わりかた、音の奥行き、ひとつひとつの細かな指示がディレクターさんから声優さんたちへ伝えられ、ふつうにドラマを見ていれば5分のシーンも30分以上の時間をかけて何度も何度もレコーディングが行われていました。
私には特に「ガヤ」と呼ばれる環境音を録音するシーンがとても興味深かったです。(これからドラマを見る目が変わりそう!)
日本語版プロデューサーさんから色々な秘話を聞いたり、皆さんとGOT意見交換をしたり、時間はいくらあっても足りませんでした。
やっぱりGOT好きの方達と共有する時間は最高です。
スターチャンネルの皆さま、吹替え版制作スタッフの皆さま、一緒に見学会に参加された皆さま、貴重な思い出をありがとうございました!


●石上 陽子 さん

『ゲーム・オブ・スローンズ』はシーズン1の頃から大ファンです。
弱者や強者が運命に翻弄されて、もがきながら生き抜く姿がたまらなく魅力的に描かれていると思います。吹替だとその世界観やキャラクターがより分かりやすく伝わると思うので私は吹替版が大好きです。
そんな自分にとってこの度のイベントは夢のような体験でした。当日は収録現場に着いた早々、スターチャンネルの皆様から丁寧なおもてなしを受けて有難く感じながら制作についてのお話を伺いました。そしてドキドキしながら吹替キャストの皆様方に自己紹介をした後にいよいよ収録開始です!
声優さんがほんの一言、二言、言葉を発しただけで…あっという間に登場人物が馴染みのあるキャラクターへと変貌し、気持ちのボルテージが一気に高まりました!あぁジェイミーだ!サーセイだ!これがティリオンだ!といつもの世界観に没頭しました。声優さんの素晴らしい演技と命を吹き込む瞬間を目の当たりにできて感激もひとしおです。最後にマグカップ(やったぁ♪ターガリエン!)までいただいて忘れられない思い出になりました。スターチャンネル様、素敵な経験をさせてもらいありがとうございました。
これからもスターチャンネルについて行こうと思います!


●沖津 利美 さん

あんな間近であの声たちが質量を持っているところを目の当たりにするというのは、大変貴重な体験の一言に尽きました。
自己紹介でネイルを『ゲーム・オブ・スローンズ』仕様にした事を伝えたら皆さんに興味を持って頂きスマホで写真まで撮って貰えた事はきっと一生忘れないです。
さて、肝心の収録見学ですが、場面を「ロール」に分けて少しずつ録って行く作業である事が興味深かったです。やり直しもしつつ良い所を抽出し完成させて行くそのプロセスの中に声優さんだけでなく監督さんやSEさん翻訳家さんなど何人もの人の能力を繋げて作られている様は感銘を受けるしかなかったです。監督さんの声優さんへの演技指導にとても関心が持て、自分ならどんな風に読むかなあなどと胸の中で音読してみたりしてしまいました。
あんな現場見せられて、出来上がった作品をもうポテトチップスばくばく食べながらなんて鑑賞できないですね、正座して有り難く見ないと(笑)
まだまだ見学会が素晴らしい機会であった事を書き表したいですが、キリがない上、正直「言い表せないほど良い体験ができた」というのが実のところです。スターチャンネルさんには感謝しかありません。


●奥田 俊太郎 さん

普段何気なく見ていた吹替えにこんなにも手間がかかっていたとは!
一視聴者として普段何も考えず見ていた吹替えでしたが、入念なリハーサルを行い、イントネーションやセリフの抑揚の細部にまで気が使われており、10分程の収録に1時間近くも時間がかけられていた事に驚き。
素人からすると、ここまでやるか?という徹底っぷり。
これも視聴者がすんなりとドラマに没頭できる為に必要な作業なんだど実感し、シーズン7の吹替えには今まで以上に期待が高まりました。
Valar Morghulis!


●奥田 友子 さん

スターチャンネルさんのMY STAR CLUBのイベントにて『ゲーム・オブ・スローンズ』日本語吹替版の収録現場にお邪魔した。
競争率はかなり高かったとの事。
収録は和やかな雰囲気の中開始。
最初は通しで演じ、後からディレクターさんの指示で修正をしていく。
細かい指示を的確に汲み取り瞬時に表出させて聴かせるプロの技を見せて頂いた。
専門用語も教えて頂いた。「ME」はミュージックアンドエフェクト!「AD」はアドリブ!使う日がくるかは分からないが、なんだか嬉しくなった。
1話分の前半の収録に3時間程かかっていた。日頃なんとなしに見ている1時間にはプロの拘りが凝縮している。
お土産に家紋の入ったマグカップまで頂いた!バラシオン家の黄色いマグカップ、ガンガン愛用致します!
ありがとうございました!


●廣澤 薫 さん

『神業』とはこのことだ!と、とても強く感じた『ゲーム・オブ・スローンズ 第七章 : 氷と炎の歌』吹替収録現場を見学させて頂きありがとうございます。
子供の頃から海外ドラマや洋画が大好きでほとんどの番組を見ていますが、その中でも『ゲーム・オブ・スローンズ』はいつも新シーズンの始まりを心待ちにするほど最も好きな番組で、当選のお知らせを頂き飛び上がって喜びました!
普通ではお会いする事が出来ない憧れの声優様方にお会い出来ただけでなく、プロデューサー様、ディレクター様からも制作について詳しくご説明を伺える貴重な機会を頂き感謝と感動でいっぱいです。
英語でこそ意味が通るジョークや微妙なニュアンスを日本語に訳すことがどれほど難しく、考えぬかれているか、シーズン1からのストーリーのつながりを考えて熟考を重ねて台詞を作っていらっしゃる事や、超音波まで聞こえているのではないかと思うほど小さな息使いへの演出、声のニュアンスや微妙なイントネーションまで細かく演出される現場は驚きの連続でした。
声優の皆様が一言の間違いもなく話される様は圧巻の一言では表せないほど、素晴らしいプロフェッショナルのお姿に感動し打ち震えた程でした。
俳優さんの口の動きに合わせるだけでも大変な作業なのに、声だけで人間関係が対等なのか上下関係なのかまでも表現したり、声に遠近感を出すために別に録音したり、番組を見ているだけでは気が付かない事を沢山知ることが出来ました。
「ガヤ」と呼ばれるメインの役者さんの台詞の後ろで小さく聞こえる街の人々の声をそれぞれの声優様方がアドリブでその場に合った台詞作って話されるのですが、放送でじっくりチェックしたい程それらも絶妙でした。
声優の皆様のおかげ様で美人の女優さんは絶世の美女に、ハンサムな役者さんは超絶イケメンに感じる魔法の様な瞬間を体験をし、日本の声優様方は世界一だとはっきり確信いたしました!
限定品のお土産まで頂き、夢の様な1日を過ごさせて頂きました。一生の思い出です!
『神は細部に宿る』吹替収録現場の素晴らしい経験をさせて頂き本当にありがとうございました。

BACK NUMBER