ハンニバル史上最も残酷な殺人鬼ハンニバル・レクター これまで語られなかった衝撃のストーリーが今完結

『ハンニバル』を見るには

ストーリー(シーズン2)

第1話 「Kaiseki(懐石)」

第1話 「Kaiseki(懐石)」

殺人の容疑で精神障害犯罪者病院に収容されてしまったウィルは、ハンニバルに陥れられたのだと強く主張し、FBIに捜査を依頼する。ジャックらはハンニバルの指紋やDNAを採取して調べるが、ウィルに有利な証拠は出てこない。そんな折、公園の川で複数の死体が発見される。ウィルに代わってFBIに協力することになったハンニバルは、死体に施された加工から犯人像を推理する。

第2話 「Sakizuke(先付)」

第2話 「Sakizuke(先付)」

ウィルの面会に訪れたハンニバルは、ウィルに力を借りたいと泣きすがられ、再び彼のセラピーを始めることを決意する。一方、ハンニバルのセラピストである精神科医のベデリアは、ウィルに起きた出来事からハンニバルの行動を疑問視し、ハンニバルに別れを告げる。FBIの捜査では、ビヴァリーがウィルから密かに聞き出したプロファイリング結果により、事件の真相に一気に近づいていく。

第3話 「Hassun(八寸)」

第3話 「Hassun(八寸)」

ウィルの裁判が始まる。FBIのプラネル監察官の制止にも関わらず、ジャックはウィルの精神の崩壊を招いた責任は、彼を事件捜査の現場に引き戻した自身にあると、FBIの非を認めてしまう。その日の審理終了後、ウィルの弁護士宛に封筒に入った人間の耳が届く。ウィルには不可能な犯行であり、ハンニバルはウィルの“崇拝者”の存在に言及。そんな中、裁判の行方を左右する殺人事件が続発する。

第4話 「Takiawase(炊合せ)」

第4話 「Takiawase(炊合せ)」

蜂の巣のはびこる死体が発見され、ジャックらは捜査に着手する。ウィルは精神鑑定医のチルトン博士とある取引をし、彼の催眠療法を受けることに。催眠療法中、断片的に蘇るウィルの記憶の中には、彼の精神をコントロールしようとするハンニバルの姿があった。ビヴァリーはウィルのアドバイスを受け、自身が追っていた殺人犯を殺した真犯人に繋がる証拠を探すのだが…。

第5話 「Mukozuke(向付)」

第5話 「Mukozuke(向付)」

仲間の訃報を受けたウィルは、ジャックに連れられ遺体発見現場に向かう。プロファイリングを行いハンニバルの犯行を確信したウィルは、チルトンを利用してハンニバルを捕らえようと画策し、かつて“チェサピークの切り裂き魔”を名乗り、真の切り裂き魔の正体を知るギデオンを、同じ病院に呼び戻させる。一方で、ハンニバルには怪しい男の影が忍び寄る…。

第6話 「Futamono(蓋物)」

第6話 「Futamono(蓋物)」

ハンニバルの殺害に失敗したウィルは、ギデオンを脅し、切り裂き魔の正体を暴く証言をさせようとする。ウィルの策略に気付いたハンニバルは、ウィルと親しいアラーナに近づき、彼女と親密な関係を築いていく。ジャックは、ウィルからハンニバルの人食い行為の可能性を聞かされて間もなく、新たな殺人死体発見の報を受ける。時を同じくして、ハンニバル主催の盛大な食事会が開催され…。

第7話 「Yakimono(焼物)」

第7話 「Yakimono(焼物)」

ジャックの教え子ミリアムは、曖昧な記憶の中、彼女の腕を切断し監禁した犯人特定のため、容疑のかかるハンニバルとの面通しに臨む。一方、殺人の容疑が晴れたウィルは釈放されアラーナと再会するが、ハンニバルに肩入れする彼女から、ハンニバルを殺そうとしたことを非難される。チルトンはハンニバルに殺される恐怖に駆られ、FBIに保護を求めるが…。

第8話 「Su-zakana(酢肴)」

第8話 「Su-zakana(酢肴)」

馬小屋で、死産後に息絶えた牝馬が発見される。馬の腹には何者かに帝王切開された痕があり、縫合された腹の中から女性の遺体が出てくる。ハンニバルのセラピーを受けつつ再びFBIの捜査に協力するようになったウィルは、事件現場から犯人像をプロファイリングし、動物保護施設で働くピーターに行き着く。ハンニバルは、セラピーを担当する女性患者マーゴから兄殺し未遂の告白を受け…。

第9話 「Shiizakana(強肴)」

第9話 「Shiizakana(強肴)」

トラック運転手が、車の屋根の上で獣のようなものに襲われ殺される。ウィルは、歯形のついた遺体の写真を手に精神科病棟に収容されたピーターを訪れ、写真を見たピーターの発言と自身の分析から、犯行が人間によるものであると断言する。ハンニバルは、かつて彼の患者だった「自分を人間の姿で生まれた獣」と思い込む男を思い出す…。

第10話 「Naka-choko(中猪口)」

第10話 「Naka-choko(中猪口)」

殺人に手を染めてしまったウィルは、ハンニバルの助けを得て、自身に容疑がかからないよう画策する。一方で、ウィルと同じくハンニバルのセラピーを受けるマーゴと親しくなるが、マーゴにはある目的があった。記者のフレディ・ラウンズは、チルトンが切り先魔と特定された後もハンニバルを疑い、ウィルから情報を聞き出そうと嗅ぎ回り…。

第11話 「Ko No Mono(香の物)」

第11話 「Ko No Mono(香の物)」

駐車場で焼死体が発見される。FBIは記者ラウンズの遺体と特定し、検視に立ち会ったハンニバルとウィルは、犯人像を互いに分析する。別の日、ハンニバルとウィルは、マーゴの妊娠を知る。マーゴは、妊娠することを望みウィルと関係を持ったのだった。ウィルは、ハンニバルと親密なアラーナにハンニバルの危険性を忠告する一方で、自身はハンニバルを心のより所とするようになる。

第12話 「Tome-wan(止め椀)」

第12話 「Tome-wan(止め椀)」

マーゴの身体に傷を負わせた彼女の兄メイスンの処置について話し合うハンニバルとウィルは、彼を殺すことで意見が一致する。後日、ウィルとジャックは、どのようにハンニバルを追い詰めていくかを議論する。そして、かつてハンニバルのセラピーを担当していた精神科医のベデリアを呼び寄せ、彼女の知るハンニバルの本質を聞き出すのだった。一方、ハンニバルを二人組の男が襲い…。

最終話 「Mizumono(水物)」

最終話 「Mizumono(水物)」

ウィルは、ジャックに正体を明かすようハンニバルを説得する一方で、ジャックとはハンニバルを捕らえる作戦を練る。ハンニバルから晩餐への招待状を受け取ったジャックは、自身が危険にさらされることを覚悟で、ハンニバルの家を訪れる。キッチンで食事の準備を進めるハンニバルに銃口を向けるジャック。ついに二人の戦いが始まる…。

キャスト
マッツ・ミケルセン / ヒュー・ダンシー / ローレンス・フィッシュバーン / カロリン・ダヴァーナス / ヘティエンヌ・パーク
吹替キャスト
井上 和彦 / 浪川 大輔 / 玄田 哲章 / 佐古 真弓 ほか