トップ>映画祭応援企画ページ

映画祭応援プロジェクト 映画ファンのための映画の祭典。“映画祭”日本でもジャンルが異なる映画祭が数多く開催されています。スターチャンネルでは、そんな映画祭を応援し、ひとりでも多くの方に映画祭の魅力を伝えていきます。

≪映画祭カレンダー≫
  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
  • トーキョー ノーザンライツ フェスティバル 2017

    北欧映画の1週間
    日本・デンマーク外交関係樹立150周年

    傑出した才能が続々と生まれている北欧映画にスポットを当て、新旧、ジャンルを問わず厳選した作品を紹介します。映画の他にも、音楽、アート、食のイベントも盛りだくさんの、北欧の文化が堪能できるフェスティバル。

    開催期間
    2月11日(土)〜2月17日(金)
    場所
    ユーロスペース
    ■プレゼント情報
    トーキョーノーザンライツフェスティバル2017に5組10名様をご招待!

    応募はコチラ

    トーキョー ノーザンライツ フェスティバル 2017
    (c) TOKYO NORTHERN LIGHTS FESTIVAL 2017 ALL Rights Reserved.
    公式サイトはコチラ

    オススメ作品紹介

    私は好奇心の強い女
    Jag är nyfiken - en film i gult / I Am Curious (Yellow)

    監督:ヴィルゴット・シェーマン Vilgot Sjöman
    1967年 / スウェーデン / スウェーデン語(Swedish) / 121min

    演劇学生のレナは、映画監督シェーマンの依頼で、それまで興味のなかった政治についての街頭インタビューを開始する。フィクションの中にドキュメンタリーを大胆に取り込み、フリーセックス、ニュー・ジャーナリズム、ウーマン・リヴを織り交ぜて、時代を切り取った。今なお新鮮な刺激に満ちた永遠のポリティカル・ポップ。1968年スウェーデン・アカデミー(グルドバッゲ)賞:主演女優賞

    私は好奇心の強い女

    50th Anniversary

    1967年に製作され、公開を巡って「自由の国」アメリカでは裁判問題にまで発展。当時、最もスキャンダラスな映画として世界中にセンセーションを巻き起こし、「ポルノ解禁」のきっかけとなった伝説の問題作がノーカット・無修正、デジタル版で甦る!製作50周年を記念しての特別上映!

    スパロウズ  ジャパンプレミア
    Þrestir / Sparrows

    監督:ルーナ・ルーナソン Rúnar Rúnarsson
    2015年 / アイスランド、デンマーク、クロアチア / アイスランド語(Icelandic)、
    英語(English) / 99min

    突然、父の住む田舎町で暮らす羽目になった16歳の少年アリ。そこは彼が幼少時を過ごした場所でもあったが、成長した幼なじみとは馴染めずにいた。閉鎖的で退屈な毎日の中で、そこで生きることを受け入れてゆく少年の諦念を透き通った映像で映し出す。国際的評価も高いアイスランドの新鋭ルーナ・ルーナソン監督作、日本初公開!

    スパロウズ

    北欧パノラマ

    ジャパンプレミア上映の『スパロウズ』や『キス・ミー!』、2015年フィンランド・アカデミー(ユッシ)賞:作品賞、監督賞、音響賞、編集賞を受賞した『2人だけの世界』など、新旧の話題作から、ジャンルを問わず、選りすぐった北欧映画傑作選!を上映。詳しくはコチラ>>

    国王への手紙  ジャパンプレミア
    Brev til Kongen / Letter to the King

    監督:ヒシャーム・ザマーン Hisham Zaman
    2014年 / ノルウェー、アラブ首長国連邦 / クルド語(Kurdish)、ノルウェー語(Norwegian)、英語(English)、ペルシャ語(Persian) / 75min

    オスロ行きのバスに乗り合わせた5人の難民たち。過去の清算をする者、新しい未来への一歩を踏み出す者、それぞれの1日のエピソードを優しいユーモアで包みこんだ秀作。年老いた男が綴る「国王への手紙」によって、5つのエピソードは有機的に結びつき、故郷を追われる哀切を鮮烈にあぶりだす。
    2014年アマンダ賞:脚本賞、助演女優賞

    国王への手紙

    Hisham Zaman  ヒシャーム・ザマーン監督特集

    1975年イラク、クルディスタン生まれ。リレハンメルのノルウェー映画学校を卒業。4作目の短編“Bawake”(2005)は国内外の映画祭で40以上の賞を受賞した。2007年の中編“Winterland”を経て、『雪が降る前に』(2013)で長編デビューを果たし、続く『国王への手紙』(2014)と2年連続でヨーテボリ国際映画祭最優秀ノルディック映画賞を受賞。ノルウェーのみならず、北欧の映画界で最も注目すべき作家のひとり。母国イラクをめぐる社会状況を背景に、苛酷な現実に生きる人々を優しく透徹したまなざしで描いた作品を上映。詳しくはコチラ>>

    アダムズ・アップル  ジャパンプレミア
    Adams æbler / Adam's Apple

    監督:アナス・トマス・イェンセン Anders Thomas Jensen
    2005年 / デンマーク、ドイツ / デンマーク語(Danish) / 94min

    仮釈放受刑者の更正プログラムを行っている教会に、ネオナチのアダムがやってくる。彼を待ち受けていたのは、盲目的に神や善を信じる司祭と更生する気配のない仲間たちだった。ヨブ記をベースに、ならず者と聖職者の奇妙な心の交流を描く。アナス・トマス・イェンセンとマッツ・ミケルセンの強力タッグが送る幻の未公開作、ついに解禁!
    2006年デンマーク・アカデミー(ロバート)賞:作品賞、脚本賞、特殊効果/照明賞

    アダムズ・アップル

    FOCUS ON DENMARK

    日本とデンマークの外交関係樹立150周年を記念して、『アダムズ・アップル』や『マリー・クロヤー 愛と芸術に生きて』など、デンマークにフォーカスする作品を上映。ファン待望の未公開作から、社会現象にもなったTVシリーズ一挙上映イベント、知られざるサイレント映画の大女優を特集するほか、グリーンランドの伝説のロックバンドにスポットを当てた音楽ドキュメンタリーまで、デンマーク映画界が世界に誇る新旧の傑作をお届け!詳しくはコチラ>>

    その他オススメ作品はコチラ