放送番組審議会

放送番組審議会(2010年7月度 概要[1])

去る7月21日、スターチャンネル放送番組審議会を開催いたしました。本会議には7人の委員が出席し、放送作品と視聴者の皆様からのご意見について審議と意見交換が行われました。

【出席者】(敬称略)
○委員
平沼久典(委員長)、片倉恵美子、喜多村寿信、品田雄吉、武内智雄、藤森益弘、脇田直枝
○スターチャンネル
木田由紀夫(取締役社長)、三上義之(放送本部本部長)、渡邉恭子(番組審議会事務局)

【議題】
・海外ドラマシリーズ『スパルタカス』について

【審議概要】
・スターチャンネルより審議作品『スパルタカス』の視聴者モニターによる事前アンケート調査結果と編成時間帯、視聴年齢制限設定の説明を行い、編成方法について審議が行われました。討議の中で低年齢層視聴者に対する配慮の必要性が挙げられ、放送時間帯の設定や視聴者に対する放送時の注意喚起方法について意見が交わされました。

※スターチャンネルでは、本作を「R15+相当」(15歳未満鑑賞不可に相当)作品に指定いたしました。

―「放送番組審議会(2010年7月度 概要[2]」に続く―