作品詳細

トップ>番組表>帰らざる夜明け

LA VEUVE COUDERC(1971)

帰らざる夜明け

帰らざる夜明け

作品解説

アラン・ドロンとシモーヌ・シニョレ共演のラブロマンス。寡黙な流れ者が、年上の女性と織り成す大人の恋をしっとりと描く。

名作『離愁』で知られるピエール・グラニエ=ドフェール監督が、アラン・ドロンと組んだ大人のラブストーリー。田園風景の美しさと、そこに充満する閉塞した人間関係、恋によって生きる喜びと苦しみを取り戻すヒロインなど、あらゆる要素が細やかに組み合わさり、悲劇的な結末へと収束。当時35歳のアラン・ドロンが、青年から中年期の狭間にある男の色気を漂わせ、14歳年上のシモーヌ・シニョレの相手役を見事に務めている。

ストーリー

1934年6月、フランスの田園地帯に旅の男ジャンがふらりとやって来た。夫を亡くし女手ひとつで農園を営む女性クーデルクと出会った彼は、彼女の農園で働くことになる。最初は3日間の仕事のはずだったが、寡黙で仕事熱心なジャンはいつしか農園に住みつくように。やがて隣家に住むクーデルクの姪、フェリシアがジャンの前に姿を現し挑発的な態度を取り始める。クーデルクは若いフェリシアに嫉妬を感じている自分に気づくが…。

本編時間

87分

制作

1971年
仏=伊

ジャンル

ラブロマンス /ドラマ

20173

MON TUE WED THU FRI SAT SUN
  1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
             

20174

MON TUE WED THU FRI SAT SUN
     1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30